通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

チモールブルー

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質編 (NSUB)
読み:チモールブルー
外語:Thymol Blue 英語
品詞:名詞
2005/05/12 作成

強酸性アルカリ性の判定に用いることができるサルトン系指示薬の一つ。この指示薬は色が変わるpHが二つあり、ph1.2以下で赤、pH1.2〜2.8で赤から黄色に変わり、pH2.8〜7.8までは黄色、pH7.8〜9.5で黄色からに変わり、pH9.5以上で青となる。

分子式C27H30O5S。分子量466.60。CAS番号76-61-9。

これはチモールと呼ばれる物質から作られる。チモールはシソ科のタチジャコウソウ(別名タイム)から得られる植物油で、チモールブルーには、このチモール分子が二つ含まれている。

用語の所属
指示薬
関連する物質
チモール
ブロモチモールブルー
関連する用語
強酸性
アルカリ性

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club