通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

デシ

辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:デシ
外語:d: deci 英語
品詞:名詞,単位接頭語
2002/10/09 作成
2014/08/12 更新

国際単位系SI接頭語の一つ。10−1の意。1/10、十分の一。記号は小文字で「d」である。

用途

センチの10倍である。

古典にみられる単位の「分」(ぶ)に相当する。

デシは滅多に使われないが、dL(デシリットル)やdB(デシベル)などの利用例がある。

電波の極超短波(UHF)帯は波長からデシメートル波とも呼ばれる。

由来

deciは、ラテン語で1/10を意味するdecimusを語源とする。

SI的に可能性のありそうな単位は次の通り。実際には、その殆どは使用実績が無い。併記した竕、瓰は国字であるとされている。

  • 基本単位
  • 組立単位
    • dHz ‐ デシヘルツ (周波数)
    • dN ‐ デシニュートン ()
    • dPa ‐ デシパスカル (圧力・応力)
    • dJ ‐ デシジュール (エネルギー・熱量)
    • dW ‐ デシワット (仕事率・工率)
    • dC ‐ デシクーロン (電荷・電気量)
    • dV ‐ デシボルト (電位差・起電力)
    • dF ‐ デシファラッド (電気容量)
    • dΩ ‐ デシオーム (電気抵抗)
    • dS ‐ デシジーメンス (コンダクタンス)
    • dWb ‐ デシウェーバー (磁束)
    • dT ‐ デシテスラ (磁束密度)
    • dH ‐ デシヘンリー (インダクタンス)
    • dlm ‐ デシルーメン (光束)
    • dlx ‐ デシルクス (照度)
    • dBq ‐ デシベクレル (放射能)
    • dGy ‐ デシグレイ (吸収線量)
    • dSv ‐ デシシーベルト (線量当量)
  • 併用可能単位
    • dL ‐ デシリットル、竕 (容積)
    • dt ‐ デシトン (容積)
    • dB ‐ デシベル (比の対数)
    • deV ‐ デシ電子ボルト (エネルギー)
    • dua ‐ デシ天文単位 (長さ)
    • da ‐ デシアール (面積)
    • dbar ‐ デシバール (圧力)
    • db ‐ デシバーン (面積)
  • 非SI単位
    • derg ‐ デシエルグ (エネルギー)
    • ddyn ‐ デシダイン (力)
    • dP ‐ デシポアズ (粘度)
    • dSt ‐ デシストークス (動粘度)
    • dsb ‐ デシスチルブ (輝度)
    • dph ‐ デシフォト (照度)
    • dGal ‐ デシガル (照度)
    • dMx ‐ デシマクスウェル (磁束)
    • dG ‐ デシガウス (磁束密度)
    • dOe ‐ デシエルステッド (磁界の強さ)
    • dcal ‐ デシカロリー (熱量)
    • dCi ‐ デシキュリー (放射能)
    • dR ‐ デシレントゲン (照射線量)
    • drad ‐ デシラド (吸収線量)
    • drem ‐ デシレム (線量当量)
    • dγ ‐ デシガンマ (磁束密度)
    • dJy ‐ デシジャンスキー (電磁波束)
    • dAh ‐ デシアンペアアワー (電荷・電気量)

「Google電卓」ではなぜか「デシ電子ボルト」などが計算できるが、そのような単位は現実には全く使われてはいない。

また、理論上考えられても、「デシ天文単位」などの単位は現実問題として実在し得ないと思われる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club