通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

デシリットル

辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:デシリットル
外語:dL: deci liter 英語 , 分升 支那語(大陸・台湾) , decilitr/o エスペラント
品詞:名詞,体積助数詞
2008/03/06 作成
2009/05/23 更新

1/10リットル、0.1リットル、10−1リットルのこと。

省略形および単位は「dL」。

日本では「竕」と書くが、これは国字とされる。

日常

国際単位系としては理論上ありうるが、日常では殆ど使われていない。

多くの場合、100ミリリットルのように、ミリリットルの単位で表現される。

日本の学校教育では小学校2年生で学ぶことになっているが、以降、日常生活で目にする機会は皆無である。実際に、商店で売られているペットボトル飲料は「500ミリリットル」なのであって「5デシリットル」ではない。

デシリットルを最もよく使う例は、大豆空豆など、の販売の場である。

元々は尺貫法の「合」(約1.8039デシリットル)が使われていたが、現在では計量法により尺貫法が商取引に使えないため、代わりに「2デシリットル」が単位として使われるようになっている。

0.1リットル(L) = デシリットル(dL) = 10センチリットル(cL) = 100ミリリットル(mL) = 100cc

リットル(L) = 10デシリットル(dL) = 100センチリットル(cL) = 1000ミリリットル(mL) = 1000cc

用語の所属
国際単位系
リットル
DL
関連する単位
デシ
センチリットル
キロリットル

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club