通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ピラジン

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質編 (NSUB)
読み:ピラジン
外語:pyrazine 英語
品詞:名詞
2007/08/21 作成

ピーマン納豆や麦茶などの臭気成分。含窒素六員環構造を持った芳香族化合物(ヘテロ芳香族)である。

ピラジン
ピラジン

安全性

危険性

  • 引火点: 55℃
  • 発火点: (該当資料なし)
  • 爆発限界: (該当資料なし)

有害性

  • 刺激
    • 腐食性: (該当資料なし)
    • 刺激性: (該当資料なし)
    • 感作性: (該当資料なし)
  • 毒性
    • 急性毒性: (該当資料なし)
    • 慢性毒性: (該当資料なし)
    • がん原性: (該当資料なし)
    • 変異原性: (該当資料なし)
    • 生殖毒性: (該当資料なし)
    • 催畸形性: (該当資料なし)
    • 神経毒性: (該当資料なし)

環境影響

  • 分解性: (該当資料なし)
  • 蓄積性: (該当資料なし)
  • 魚毒性: (該当資料なし)

大麦を焙煎して作る麦茶の香気や、ピーマン納豆などの臭いの成分。

正確なデータが存在しないが、摂取すると血管内の血栓を予防し、心筋梗塞脳梗塞のリスクを減らす効果があると言われている。

用語の所属
含窒素六員環
ヘテロ芳香族

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club