通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

リボース

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質編 (NSUB)
読み:リボース
外語:ribose 英語 , riboz/o エスペラント
品詞:名詞
2004/12/30 作成
2005/06/29 更新

核酸であるRNAを構成する、リボヌクレオチドの構成成分である糖。単糖類五炭糖

分子式C5H10O5分子量151.13。CAS番号488-84-6。

リボース
リボース

またアデニンと結合しアデノシンとなり、数個の燐酸と結合して、AMP(アデノシン一燐酸)、ADP(アデノシン二燐酸)、ATP(アデノシン三燐酸)などを作る。

生体内ではリボースの水酸基をデオキシ化しデオキシリボースを作る。これはDNAを作る素材の一つとなる。

用語の所属
単糖類
五炭糖
この物質を原料とする物質
RNA
AMP
ADP
ATP
関連する物質
アデニン
デオキシリボース
関連する用語
DNA
水酸基

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club