通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ロイシン

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・アミノ酸編 (NSUBNAA)
読み:ロイシン
外語:Leu: Leucine 英語 , leŭcin/o エスペラント
品詞:名詞
2005/04/21 更新

2-アミノ-4-メチル吉草酸。必須アミノ酸の一つ。中性アミノ酸のうち、脂肪族アミノ酸に分類される。略号は "Leu"、"L"。光学異性体(D体とL体)がある。

分子式C6H13NO2。構造式(CH3)2CHCH2CH(NH2)COOH。分子量131.18。CAS番号は61-90-5(L体)、328-38-1(D体)、328-39-2(DL体)。

L-ロイシン
L-ロイシン

mRNAの対応するトリプレット暗号(コドン)は、UUA、UUG、CUU、CUC、CUA、CUGであり、これはセリンと並んで最も多い。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club