通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

五界説

辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:ごかいせつ
品詞:名詞
2001/11/17 作成
2020/01/02 更新

古典的な生物の分類方法の一つで、生物を五つの界に分ける考え方。1959(昭和34)年にロバート・ハーディング・ホイタッカー(Robert Harding Whittaker)によって提唱されたが、既に古い考え方である。

目次

具体的には、次の五界に分けるのが五界説である。

生物は、モネラ原生生物→動物・植物・菌類、のように進化したと考えられている。

生物は大きく、原核生物真核生物に分けられるが、古い原核生物は、このうちモネラ界に対応する。

五界説は基本的な分類法ではあるが、原核生物の研究などが進むと、更に「界」を細分化する六界説や八界説も提案された。但しこれらも五界説を否定するものではなく、あくまでも細分化をしようという概念である。

但し現在は、界の更に上に「域」ないし「超界」(ドメイン)という概念を採用した三ドメイン説が使われており、界を大分類するような分類方法はされていない。ドメインの下で細分類するような研究が進められているため、五界説は非常に古い分類方法となっている。

用語の所属
生物
関連する用語
二界説
六界説
三ドメイン説

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club