通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

即席めん

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質・食品編 (NFOOD)
読み:そくせき・めん
品詞:名詞
2009/09/06 作成

インスタントラーメンをはじめとするインスタント麺のこと。

2009(平成21)年4月9日農林水産省告示第487号「即席めん品質表示基準」という基準では、以下のように定義されている。

  1. 小麦粉又はそば粉を主原料とし、これに食塩又はかんすいその他めんの弾力性、粘性等を高めるもの等を加えて練り合わせた後、製めんしたもの(かんすいを用いて製めんしたもの以外のものにあっては、成分でん粉アルファ化されているものに限る。)のうち、添付調味料を添付したもの又は調味料で味付けしたものであって、簡便な調理操作により食用に供するもの(冷凍したもの及びチルド温度帯で保存するものを除く。)
  2. 1にかやくを添付したもの

旧定義

かつては、2000(平成12)年12月19日農林水産省告示第1641号「即席めん類品質表示基準」という古い基準で定義されていた。

ここでは、即席めんは「即席めん類」と「類」付きで呼ばれ、次のように分類されていた。

定義改訂

この旧基準と、「生タイプ即席めん品質表示基準」を統合して改訂されたものが現行の「即席めん品質表示基準」である。

即席めん類とされ細分化されていたものは全て統合され、以下の二種類が定義されている。

  • 即席めん
  • 生タイプ即席めん
関連する用語
小麦粉
油揚げめん
即席めん類

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club