通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

洪魚鱠

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質・食品編 (NFOOD)
読み:ホンオフェ
外語:홍어회 朝鮮語
品詞:名詞
2007/10/08 作成

朝鮮料理の一つで、雁木鱝(ガンギエイ)の刺身(鱠、회)のこと。

目次

洪魚鱠(以下、ホンオフェ)とはエイの刺身を表わす。

全羅南道を中心として食べられているものは「醱酵させたエイ」の刺身で、これは全羅南道の港町 木浦の郷土料理とされる。

ホンオフェは、ホンオを藁などと共に重ねるように積み、そして数日漬け込んだ醱酵食品である。

醱酵によりアンモニアが発生する。このためホンオフェは強烈なアンモニア臭を発し、口に含むとそのアンモニアが鼻に突き抜ける。アンモニアの刺激の中で濁酒を飲み流し込むのが通とされ、この食べ方をホンタク(洪濁、홍탁)と言う。

また、ホンオフェ、茹でた豚肉キムチを一緒に食べる料理があり、これをサマプ(三合、삼합)という。

なお、日本では食品衛生法の問題があり、アンモニア含有物を食品として販売出来ず、作ることも輸入することもできないとされる。従って大久保など全国に点在する朝鮮部落(コリアタウン)の朝鮮料理屋に出かけても、残念ながらこれを食することはできないようである。

関連する用語
醱酵食品
洪濁
スケキヨ丼

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club