通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

点変異

辞書:科学用語の基礎知識 医学・用語編 (BMEDY)
読み:てんへんい
品詞:さ変名詞
2002/01/30 作成
2008/10/27 更新

突然変異の一種で、遺伝子のある部分のDNAが、別のものに置き換わってしまうもの。

影響

DNAが変異してしまうと、ここから本来作られるべき蛋白質を、作ることができなくなってしまう。

従って、この変異が起こると遺伝子は失活、あるいは活性が弱まるなど時に致命的な影響をもたらす。

この変化を起こした細胞は、増殖や運動性を抑える蛋白質を産生する遺伝子がなくなったり機能が低下し、いわゆる遺伝病を発症する事になる。

疾病例

例えば筋ジストロフィーでは、ジストロフィン(dystrophin)などの遺伝子が点変異などで変異し中途終止コドンが生じ、もって蛋白質が正常に合成されないなどによって起こることが知られる。

用語の所属
突然変異
染色体
関連する用語
欠失変異
挿入変異
ナンセンス突然変異

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club