通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

無水マレイン酸

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質編 (NSUB)
読み:むすいマレインさん
外語:maleic acid anhydride 英語
品詞:名詞
2005/04/23 更新

分子式C4H2O3分子量98.06。融点52.8℃、沸点202.0℃。引火点(密閉)102℃。発火点477℃。CAS番号108-31-6。

無水マレイン酸
無水マレイン酸

合成樹脂、塗料、塩化ビニール安定剤、フマル酸や林檎酸材料となる。

ベンゼンに酸化バナジウム(V2O5)を触媒として加え加熱すると、ベンゼン環自身が空気酸化されて開環し、無水マレイン酸となる。水中では直ちに加水分解マレイン酸となる。

関連する物質
マレイン酸
関連する用語
加水分解
開環

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club