通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

絶縁抵抗

辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:ぜつえんていこう
品詞:名詞
2014/08/31 作成

電線の電路相互間と、電線と大地との間の絶縁性。

電気事業法に基づく「電気設備に関する技術基準を定める省令」で、低圧電線路の絶縁性能について定義されている。

(電圧の種別等)

第二条 電圧は、次の区分により低圧、高圧及び特別高圧の三種とする。

低圧 直流にあっては七百五十ボルト以下、交流にあっては六百ボルト以下のもの

(用語の定義)

第一条 この省令において、次の各号に掲げる用語の定義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

六 「電線」とは、強電流電気の伝送に使用する電気導体、絶縁物で被覆した電気導体又は絶縁物で被覆した上を保護被覆で保護した電気導体をいう。

八 「電線路」とは、発電所、変電所、開閉所及びこれらに類する場所並びに電気使用場所相互間の電線(電車線を除く。)並びにこれを支持し、又は保蔵する工作物をいう。

(低圧電線路の絶縁性能)

第二十二条 低圧電線路中絶縁部分の電線と大地との間及び電線の線心相互間の絶縁抵抗は、使用電圧に対する漏えい電流が最大供給電流の二千分の一を超えないようにしなければならない。

関連する用語
絶縁

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club