通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

胡麻油

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質・食品編 (NFOOD)
読み:ごまあぶら
外語:sesame oil 英語 , 芝麻油 支那語(大陸・台湾) , sezam/ole/o エスペラント
品詞:名詞
2012/03/20 作成
2012/07/14 更新

胡麻(ごま)の種子を圧搾等して搾りとられる植物油脂のこと。ごま油、セサミオイル。

生の胡麻を使うものから、焙煎した胡麻を使うものまで様々なものがある。

日本の場合、焙煎した胡麻を使い、茶褐色の色をした胡麻油が作られ、使われている。

純正・調合

日本で市販される胡麻油の大分類は次の二種類である。

  • 純正 (胡麻油100%)
  • 調合 (胡麻油60%以上)

かどや製油に代表される「純正胡麻油」は、胡麻油100%の製品である。

調合は、胡麻油60%以上に、大豆油菜種油などを調合して量を増やしたものである。

国際基準

胡麻油(Sesameseed oil (sesame oil; gingelly oil; benne oil; ben oil; till oil; tillie oil) )は、Codex Standard for Named Vegetable Oils (CODEX STAN 210-1999)において胡麻(Sesamum indicum L.の種子)から得られる油と定義されている。

化学的性質

占める脂肪酸は、オレイン酸(34.4-45.5%)とリノール酸(36.9-47.9%)が半々、これにパルミチン酸(7.9-12.0%)が続く。

この他に、ビタミンEビタミンK、リグナン(ゴマリグナン)などを含む。

用途

胡麻油は独特の風味を持つため、用途は限られる。

日本では、中華料理などを初めとして、様々な用途に使われている。

天ぷら油や炒め油に使われることもある。

また、「辣油(ラー油)」を作る時の材料でもある。

用語の所属
食用油
植物油脂

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club