通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

電流帰還バイアス回路

辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:でんりゅうきかんバイアスかいろ
品詞:名詞
2005/05/31 作成
2014/07/30 更新

バイアス回路のうち、トランジスタエミッタプルダウンして帰還(フィードバック)を利用したもの。

増幅回路として最も多く使われているバイアス回路である。

この回路はベースプルアップするバイアス抵抗(図のRB1)、ベースをプルダウンするブリーダ抵抗(図のRB2)、エミッタをプルダウンするエミッタ抵抗(図のRE)で構成される。

電流帰還バイアス回路
電流帰還バイアス回路

ブリーダ抵抗(図のRB2)を付けて電流を流し続けることで電流増幅率(hFE)のばらつきの影響を減らすことができるが、小規模な回路では省略されることもある。

エミッタ抵抗

電流帰還バイアス回路を特徴付けるものは、エミッタをプルダウンするエミッタ抵抗の存在である。

エミッタ抵抗により負帰還が掛かる。このため、コレクタ電流の増加に伴いエミッタ電流が上昇し、ベース電流が減少するという動作をする。

エミッタ電流により入力のベース電流(バイアス電流)を制御することが可能なため、電流帰還バイアス回路と呼ばれている。

但し利得が大幅に低下するため、それを避けるためにエミッタ抵抗と並列にバイパスコンデンサー(図のCE)を接続して使用する。

利点と欠点

この回路ではブリーダ電流やエミッタ電流がバイアスを安定化させるが、代わりに電流電圧を消費することになるため、電源に余裕のある回路でしか使えない。

総じて特徴としては、電圧利得が低く直流損失が大きく、回路が複雑になるという難点があるが、周波数特性が良く、温度変化安定性が高く、歪みや雑音は少ないという利点がある。

用語の所属
バイアス回路
関連する用語
固定バイアス回路
負帰還

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club