通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ARMv7

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名編 (INCPU)
読み:アーム・ヴィーセブン
外語:ARMv7 英語
品詞:名詞
2005/01/14 作成
2013/09/05 更新

ARM命令セットアーキテクチャーVersion 7のこと。ARM Cortexプロセッサーファミリーの命令セットである。

Cortexプロセッサーファミリーは、用途に応じて三つのプロファイルに分けられた。

  • アプリケーションプロセッサー(A)
  • リアルタイム処理(R)
  • 組み込み用(M)

このため、アーキテクチャーもARMv7-AARMv7-RARMv7-Mの三つに分かれている。

また、ARMv6から大幅な機能拡張が施されている。

マルチコア対応、プロセッサー資源の仮想化などは、LinuxなどのOSの利用が想定されたものである。携帯電話用OS(Linux、Symbian OS、μITRONなど)は携帯電話の多機能化と連動して多機能化しているため、このようなパソコン分野でのトレンドを、組み込みの分野でも取り入れたのである。

SWPとSWPB

ARMv6で、排他的レジスタロード/ストア命令であるLDREXとSTREX命令が追加されたことにより、従来使われたSWP/SWPB命令は不要になった。

そのためARMv6でSWP/SWPB命令は非推奨命令となり、このARMv7からは命令自体が削除され、実行すると未定義命令が発生するようになった。

NEON

専用レジスターや演算器を備えたSIMD命令セット「NEON」が追加された。

ARMv6でもSIMD命令セットはあったが、これは通常の汎用レジスターを用いて演算していた。NEONでは専用の64ビットレジスターを32本用意し、これで演算を行なう。またこれを128ビットレジスター16本分として用いることも可能である。

OptimoDE

NEONは動画像処理やオーディオ処理の高速化に役立ち、映像装置や携帯電話等への効果が期待される。

但しARMv7はあくまで汎用製品という立場を取っており、より重いディジタル処理はOptimoDEというDSPを併用する。

Thumb-2

ARMv7-Mは、Thumb-2命令のみをサポートする。

コア

ARMv6までは、コアファミリー名はARMの後に数字をつけたものを用いてきたが、ARMv7からはこれも一新された。

ARMv6のARM11の次は、ARM12ではなくARM Cortexである。

用語の所属
ARMアーキテクチャ
関連する技術
ARMv4
ARMv5
ARMv6
ARMv8

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club