通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ARM Cortex-A9

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名編 (INCPU)
読み:アーム・コーテクス・エイナイン
読み:アーム・コーテクス・エイきゅう
外語:ARM Cortex-A9 英語
品詞:名詞
2013/07/08 作成
2014/06/22 更新

ARMv7命令セットのARMv7-Aプロファイルに準拠した、ARMにより設計されたプロセッサーコア。ARM Cortexのうち、Cortex-Aシリーズの一つ。

ARM MPCoreマルチコア プロセッサ ファミリに属しており「ARM Cortex-A9 MPCore」とも記載があるが、シングルコアでも使用できる。1コアから4コアまでの構成に対応する。

2010(平成22)年頃から使われ始め、翌2011(平成23)年のスマートフォンは殆どがA9か、同等グレードのScorpionまたはその後継のKraitだった。

当初は2コアだったが、後に4コアとなる。

後継は、メインストリーム向けはARM Cortex-A12、プレミアム向けはARM Cortex-A15である。

仕様

  • 命令セット
  • コプロセッサー
    • NEON (SIMD命令セット) (オプション対応)
    • 浮動小数点ユニット (オプション対応)
  • Jazelle 対応

製品例

様々な製品がSoCとしてARM Cortex-A9コアを含んでいる(順不同)。

  • Apple A5
  • Apple A5X
  • NVIDIA Tegra 2
  • NVIDIA Tegra 3
  • NVIDIA Tegra4i (A9×4コア + GPU + LTEモデム)
  • TI OMAP4
  • ST Microelectronics SPEAr1300 (A9×2コア)
  • Sony Computer Entertainment CXD5315GG (A9×4コア) PS VitaのCPU
  • フリースケール・セミコンダクタ i.MX6シリーズ
  • HiSilicon K3V2

対抗

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club