通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ARM Cortex-A15

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名編 (INCPU)
読み:アーム・コーテクス・エイフィフティーン
読み:アーム・コーテクス・エイじゅうご
外語:ARM Cortex-A15 英語
品詞:名詞
2013/06/19 作成
2014/01/09 更新

ARMv7命令セットのARMv7-Aプロファイルに準拠した、ARMにより設計されたプロセッサーコア。ARM Cortexのうち、Cortex-Aシリーズの一つ。

ARM MPCoreマルチコア プロセッサ ファミリに属しており「ARM Cortex-A15 MPCore」とも記載があるが、シングルコアでも使用できる。クラスター構成となり、1クラスターあたり1コアから4コア、1チップあたり1クラスターまたは2クラスターとなる。

ARM Cortex-A15のコンセプトはハイエンドの高速性であり、アウトオブオーダー実行スーパースケーラーが採用されている。

スマートフォンからサーバーまで幅広い用途が想定されているほか、ARMのbig.LITTLEアーキテクチャーにおいて、bigをARM Cortex-A15、LITTLEをARM Cortex-A7とする構成で利用される。

仕様

  • 命令セット
  • コプロセッサー
    • NEON (SIMD命令セット) 対応
    • VFPv4 対応
  • 仮想化拡張機能
    • ハードウェア仮想化
    • Large Physical Address Extension (LPAE)

      40ビットの物理アドレス空間(1Tiバイト)に対応する。

製品例

様々な製品がSoCとしてCortex-A15コアを含んでいる(順不同)。

  • NVIDIA Tegra 4 (A15×4コア + GeForce GPU)
  • Texas Instruments OMAP 5 (A15×2コア + M4×2コア + PowerVR SGX544MP2 GPU)
  • TI OMAP5
  • Exynos 5 Dual(Exynos 5250) (A15×2コア + ARM Mali-T604 GPU)
  • HiSilicon K3V3

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club