通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

Apple A8

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名編 (INCPU)
読み:アップル・エイエイト
外語:Apple A8 英語
品詞:商品名
2014/09/10 作成
2015/10/11 更新

AppleiPhone 6iPhone 6 Plusで採用されたマイクロプロセッサー

Appleが、iPhone 6/6 Plusのために設計したSoC(System-on Chip)である。CPUのほか、GPUやDRAMがオンダイで搭載されている。Apple製品専用として作られており、チップ単体での販売はされていない。

命令セットアーキテクチャーは64ビットのARMv8-A(ARMv8)である。

台湾TSMCの20nm世代プロセスで製造されている。

後継は、iPhone 6s/6s Plusで採用されたApple A9である。派生品にiPad Air 2で採用されたApple A8Xがある。

採用機種

次の機種で採用されている。

仕様

ARMアーキテクチャのCPUに、各種の周辺を組み合わせている。

  • CPU ‐ 64ビットARMアーキテクチャー
  • ARMv8アーキテクチャー デュアルコア 最大1.4GHz
  • GPU ‐ PowerVR GX6550 (192コア)
  • DRAM ‐ 1GiバイトRAM(LPDDR3)

ARMv8-A

A8は、Apple A7と同様にARMv8のうち、アプリケーションプロセッサー向けであるARMv8-A命令セットを採用した。

CPUの仕様はARM Cortex-A57相当であるが、Apple A7もA8もCortex-A57を用いていないとされる。

用語の所属
A8
関連する用語
Apple
Apple A7
Apple A8X
Apple A9

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club