通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

H-ⅡAロケット23号機

辞書:科学用語の基礎知識 天文学ロケット編 (UROCKET)
読み:エイチトゥーエイ・ロケット・にじゅうさんごうき
外語:H-IIA F23: H-IIA Launch Vehicle No.23 英語
品詞:固有名詞
2014/01/23 作成
2014/02/28 更新

宇宙航空研究開発機構(JAXA)(かつてのNASDA)により開発されたH-ⅡAロケットの23号機で、本番 第20号機。

H-ⅡAロケットの第23号機であり、日本の大型液体燃料ロケット第58号機である。

「H-ⅡA・F23」とも呼ばれる。

2014(平成26)年2月28日種子島宇宙センター大型ロケット発射場より打ち上げられた。

ロケットの仕様

ペイロード(積載物)

  • 全球降水観測計画主衛星(GPM主衛星)
  • ピギーバック衛星
    • 可視光通信実験衛星 ShindaiSat (信州大学)
    • STARS-Ⅱ (香川大学)
    • 微生物観察衛星 TeikyoSat-3 (帝京大学)
    • ITF-1 (筑波大学)
    • OPUSAT (大阪府立大学)
    • 芸術衛星 INVADER (多摩美術大学)
    • KSAT2 (鹿児島大学)

気象

ロケット打ち上げ時の天候は晴れ、北西の風3.1m/s(3m/cBeat)、気温14.1℃であった。

計画

打ち上げは2014(平成26)年2月28日、予備期間は3月1日3月31日だった。

時間帯は、予備期間含めて03:07〜05:07で計画されている。

2014(平成26)年2月26日、打ち上げ日時が2014(平成26)年2月28日03:37(27日@817)、打ち上げ時間帯は03:37〜04:37と発表された。予備期間中の打ち上げについては前述の時間帯の中から再設定される。

天候もよく、延期なく予定通り打ち上げられた。

沿革

時間は実測値で、詳細データ評価前の速報値である。

  • 2014(平成26)年2月28日03:37(27日@817): リフトオフ
  • X+1分34秒: 固体ロケットブースター(SRB-A) 燃焼終了
  • X+1分48秒: 固体ロケットブースター(SRB-A) 分離
  • X+4分17秒: 衛星フェアリング 分離
  • X+6分47秒: 第1段主エンジン燃焼停止(MECO)
  • X+6分55秒: 第1段・第2段 分離
  • X+7分4秒: 第2段エンジン推力立上がり(SELI)
  • X+15分6秒: 第2段エンジン燃焼停止(SECO)
  • X+15分57秒: 「GPM主衛星」分離、打ち上げ成功

以下は実測値ではなく、当初計画にあった時間。実測値は不明。

  • X+24分9秒: 小型副衛星「ShindaiSat」分離
  • X+28分19秒: 小型副衛星「STARS-Ⅱ」分離
  • X+32分29秒: 小型副衛星「TeikyoSat-3」分離
  • X+36分39秒: 小型副衛星「ITF-1」分離
  • X+37分59秒: 小型副衛星「OPUSAT」分離
  • X+39分19秒: 小型副衛星「INVADER」分離
  • X+40分39秒: 小型副衛星「KSAT2」分離

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club