通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Thunderbird

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:サンダーバード
外語:Thunderbird 英語
発音:ɵʌ́ndərbə̀:rd 英語
品詞:固有名詞
2004/09/07 更新

2次キャッシュSRAM統合(オンダイ)版の第三世代Athlonの開発コードネーム。AMDの第7世代x86互換プロセッサーコア

K75の後継であり、Athlonとして初めて2次キャッシュがオンダイとなった製品で、先代のK75ではCPUクロックの1/3で動作していた2次キャッシュをCPUクロックと同じ速度で稼働できるようになった。2次キャッシュの容量はK75の半分の256Kiバイトとなったが、それを補うために1次キャッシュと2次キャッシュで重複するデータは一方を削除することでキャッシュの効率を上げるエクスルーシブキャッシュが採用された。

FSBクロック200MHz、1次キャッシュ容量128Kiバイト、Enhanced 3DNow!対応などは従来のK75と同様である。

語源は、米FORD(フォード)製の1950年代から現在まで続く伝統的な名車。1953(昭和28)年に、米CHEVROLET(シボレー)がアメリカ初のスポーツカーであるコルベットを発表し大ヒットしたことを受け、フォードもV8エンジン搭載+オープンボディー&ハードトップのスポーツカーとして発表し、こちらも大ヒットとなった。

Thunderbirdコアを利用した廉価製品Duronの開発コードネームはSpitfireである。

Thunderbirdの後継はPalominoコア(Mobile Athlon 4)である。

所属する技術
K7系
メーカー
AMD
製品名
Athlon
関連する技術用語
Spitfire
Mustang
Palomino
Mobile Athlon 4
2次キャッシュ
オンダイ
SRAM

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club