通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

i486

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:アイよんはちろく
外語:i486 英語
品詞:商品名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

Intelの開発した、x86系の32ビットマイクロプロセッサー。正式名称はiAPX486。通称は486、80486。1989(平成元)年発売。集積トランジスタ数約120万個。

発売当時、皆はi386の次は64ビットプロセッサーだと信じていたため、i486が32ビットプロセッサーでリリースされると、急激に人の興味を失ったという伝説を持つ。

数値演算プロセッサー(FPU)搭載のi486DXと、未搭載の廉価版のi486SXがある。また、このi486からIntelや他社による "アップグレード" の概念が始まり、Intelからはオーバードライブプロセッサとしてi486DX2などの倍速タイプやiDX4という3倍速タイプも登場した。更にCyrix社からはi386ピン互換のi486SXともいえる、Cx486DLC/SLC等が発売されるようになった。

i386との大きな違いは、8Kiバイトのコード/データキャッシュが搭載されたことと、RISC技術の採用による一部命令の大幅な高速化である。特に整数乗算命令は飛躍的に高速化されたが、一部、かえって遅くなった命令もある。i486で追加された新しい命令はキャッシュ制御命令などで、特筆するような大きな差違はない。

初期の物と安定した物ではオペコード(マイクロプロセッサーが直接理解するマシン語)の仕様変更などが多数あり、マシン語系のプログラマーを悩ませた。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club