通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ウェイト

辞書:電算用語の基礎知識 技術メモリー編 (TTMEM)
読み:ウェイト
外語:wait 英語
品詞:名詞
1997/07/16 作成
2008/07/07 更新

待つこと、待機すること。

目次

例えば、CPUがメモリーにアクセスする際、タイミングを取るためにCPUが動作を待つこと。

ウェイトが入るとその間は何も処理ができないため、ウェイトが入れば入るほどシステム全体の動作スピードは低下する。

16ビットマイクロプロセッサーの時代、V3080286が全盛だった頃はメモリーアクセスにウェイトが入るのは当然で、i386が普及しだした頃にようやくノーウェイトが基本となった。

しかしこの頃でもノーウェイトなメモリーはメインメモリーやプロテクトメモリーだけであり、その他の VRAM(画像メモリー)アクセスなどには、依然としてたくさんのウェイトが入っていた。

現在ではCPUが高速になりすぎ、最も高速性が要求されるはずのCPUキャッシュメモリーでさえウェイトが入る。その他のメモリーも昔とくらべて高速になってきたこともあり、最近ではウェイトの有無が論じられることはほとんど無くなった。代わりに現在叫ばれるのは「CASレイテンシー」である。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club