通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

コンパクトHTML

辞書:電算用語の基礎知識 ファイル形式編 (PFFMT)
読み:コンパクト・エイチティーエムエル
外語:Compact HTML 英語
品詞:名詞
1999/03/20 作成
2011/10/15 更新

小型の、携帯端末向けに作られたWebマークアップ言語

通常のHTML下位互換として作られた。

携帯端末はメモリーが少ないため、画像も、HTMLファイルも小型で済むよう設計されており、これがコンパクトHTMLという名前の由来であると考えられる。

由来

アクセスを中心に、松下電器産業(現・パナソニック)、NEC富士通三菱電機ソニーの6社で開発され、1998(平成10)年2月にW3Cに提案された。

基本的にはHTML 3.2からごく基本的な要素だけを抽出したもので、次のような機能が削除されている。

機能が乏しいとはいえ使い慣れたHTMLであったため、広く普及することになった。

iモード

NTTドコモiモードでも採用されている。

但しこれはコンパクトHTML完全準拠ではなく、独自の拡張が施されているため、一般に「iモードHTML」と呼ばれている。

関連するリンク
http://www.w3.org/TR/1998/NOTE-compactHTML-19980209/
用語の所属
HTML
関連する用語
HDML
HTML 3.2
iモード

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club