通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

フォーク (ファイルシステム)

辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:フォーク
外語:fork 英語
品詞:名詞
2013/05/21 作成

ファイルと直に結び付けられたメタデータ

殆どのファイルシステムは、ファイル属性を管理する機能を持つが、タイムスタンプパーミッション情報など、システムが最低限必要とする情報に限られることが多い。

これに対してフォークは、それらも含めより多くの情報を保存し、提供することができる。

Mac OS

Mac OSにおけるファイルシステムHFS等で使われ、マックバイナリとしてファイルに添付することもできる情報は「リソースフォーク」と呼ばれるフォークである。

ここには、ファイルの種類やタイムスタンプなど基本的な情報のほかに、ファイルクリエイター(作成アプリケーション)やファインダー用の情報など多くの情報を含めることができる。

また、HFS+からは「名前付きフォーク」と呼ばれる機能が追加された。ただしこれは、殆ど使用されていない。

Windows

Windowsでは、ファイルシステムNTFS等で「名前付きフォーク」が実装され、代替データ ストリーム(ADS)と呼ばれている。

ファイルに関する様々な情報を保存するのに用いられている。例えばインターネットからダウンロードされたファイルなどはその情報をADSで保存することで、リスクのあるファイルからユーザーを保護するのに用いられている。

用語の所属
メタデータ
関連する用語
ファイルシステム

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club