通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

フラッシュファイルシステム

辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:フラッシュファイルシステム
外語:flash filesystem 英語
品詞:名詞
2011/01/02 作成

フラッシュメモリー用として設計されたファイルシステムのこと。

フラッシュメモリーは、ハードディスクドライブなどは大きく異なる特徴を持っている。

  • 読み書きの回数(特に書き換え回数)に制限がある
  • 一つのブロック(セクターに相当)が非常に大きい (64Kiバイト程度)
  • 遅い

特に書き換え制限についての対応は必須となり、これをウェアレベリングという。こういったフラッシュメモリー独特の構造に対応しながら、ファイルシステムを実現させるための機構を、フラッシュファイルシステムという。

次のようなものがある。

  • JFFS
  • YAFFS

現在主流のNAND型フラッシュメモリーでは、YAFFS2やJFFS2が主流となっている。

こういったファイルシステムは内部的に用いる場合に使われる。

いわゆるUSBメモリーと言った外部用途の場合は、OSの仕様に合わせる必要があるため、互換性を重視してFATが使われる。FATであれば、古いWindowsから、FreeBSDLinuxなどのPC UNIXまで様々な環境で利用できる。しかし、FATはウェアレベリングもなく、効率も悪く、フラッシュメモリーには向いていない。

また、内部的な利用でも、Android 2.3はファイルシステムにext4を採用、MeeGoもファイルシステムにBtrfsを採用しているとされる。これらもハードディスク用であり、ウェアレベリングやバッドブロック管理機能などは無い。

用語の所属
ファイルシステム
関連する用語
フラッシュメモリー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club