通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

BIND

辞書:電算用語の基礎知識 サーバー編 (PNSVR)
読み:バインド
外語:BIND: Berkeley Internet Name Domain 英語
品詞:名詞
1998/09/17 作成
2014/05/10 更新

DNSサーバーの実装の一つ。元々は、Kevin Dunlapによって4.3BSDのために書かれた。

現在でも各種UNIXオペレーティングシステムのほか、Microsoft Windows等にも移植され、事実上の標準として幅広く使われている。

主に、BIND4、BIND8BIND9の三系統が存在する。

現時点での最新版は以下の通りである。

古い時代に書かれたコードを含むBIND4およびBIND8は、無数のバグセキュリティホールを抱えていた。

性善説と紳士協定で成り立っていた古き良き時代のインターネット向けDNSサーバーだったこれまでのBINDは、悪がはびこるようになった現在のインターネットにおいて、あまりにも脆弱だった。

そこでこれ以上のメンテナンスは困難と判断され、またセキュリティ向上のためDNSSECへの対応を目的として、フルスクラッチで書き直され完全に新しいソフトウェアBIND9となった。

関連するリンク
ISC BIND
関連する用語
DNSサーバー
DNS
BIND8
BIND9
zone

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club