通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ISH

辞書:電算用語の基礎知識 ローカルアプリ文書編 (PNAPLLT)
読み:イシュ
外語:ISH: ISHizuka 英語
発音:iʃ 英語
品詞:さ変名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

イシ、イッシュとも読む。

バイナリテクスト変換する手法のひとつ。日本の草の根BBSで多く用いられている。作者はM.Ishizuka。ISHの名は、この作者の名字の頭3文字から来ている。

主にMS-DOSで使われるが、変換効率が非常に高い為、ある程度ファイルサイズがあればUNIXで主流のuuencodeより小さくなる。またファイルのタイムスタンプ等が保存され、また厳密なエラーチェックが行なわれるため完全に元の通りのファイルが復元できる等、様々な利点があるが、海外では殆ど用いられていないため、インターネット分野ではほとんど使われていない。そのため海外へ送信する場合には事前の確認が必要。

変換後のサイズは小さくなるが、uuencodeなどと比較するとモデム圧縮(ITU-T V.42bisなど)が掛かりにくいなどの特徴があり、また行の先頭に"*"(アスタリスク)が出てくるため、草の根BBSでの自動運転マクロが誤動作する場合があるなどの理由で嫌う向きもある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club