通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

UFS

辞書:電算用語の基礎知識 計算機記憶装置編 (TCPERIS)
読み:ユーエフエス
読み:ユニバーサル・フラッシュ・ストレージ
外語:UFS: Universal Flash Storage 英語
品詞:名詞
2007/09/25 作成
2016/07/08 更新

フィンランドのNokiaを中心とした電子機器メーカーが提唱したメモリーカードの規格。

microSDなどSDメモリーカードの対抗として登場した。仕様はJEDEC標準となっている。

カードの仕様のほか基板に搭載されるメモリー用バスの規格もあり、こちらはeMMCの後継となった。

なお、UFS 1.0のメモリーカードが実際に登場したのは2016(平成28)年7月である。

技術

物理層のバスインターフェイスとして、スマートフォン用チップセットなどで普及しているMIPIが採用された。

カード

UFS拡張カードは、microSDとほぼ同じ大きさで、形状も似ている。しかし互換性はもちろんない。

速度

UFS 1.0では、データ転送速度は3.0Gbpsである。

UFS 2.0では、物理層「M-PHY HS-G3」が1レーンで5.8Gbps、2レーンで11.6Gbpsとなった。

バージョン

バス(インターフェイス)

バスとしての規格は、カードの速度を決める重要な要素である。

  • UFS 1.0 ‐ JESD220
  • UFS 1.1 ‐ JESD220A
  • UFS 2.0 ‐ JESD220B (2013(平成25)年9月)
  • UFS 2.1 ‐ JESD220C (2016(平成28)年3月)

UFS UME

UFS Unified Memory Extension (UFS UME) は、いわゆるメモリーカードとしての規格である。

  • UFS UME 1.0 ‐ JESD220-1
  • UFS UME 1.1 ‐ JESD220-1A (2016(平成28)年3月30日

その他

UFSとしてはほかに、HCI(ホストコントローラーインターフェイス)である「UFSHCI」の規格、UFS UMEに対応したUFSHCI UMEの規格、テストのための規格などが定められている。

  • UFSHCI
    • UFSHCI 1.0 ‐ JESD223
    • UFSHCI 1.1 ‐ JESD223A
    • UFSHCI 2.0 ‐ JESD223B
    • UFSHCI 2.1 ‐ JESD223C
  • UFSHCI UME
    • UFSHCI UME 1.0 ‐ JESD223-1
    • UFSHCI UME 1.1 ‐ JESD223-1A
  • UFS (Test)
    • UFS (Test) ‐ JESD224

対応OS

OSとして対応するのは、次の通りである。

  • Microsoft Windows 10 (要アップデート)
  • Linux (正式な対応バージョンは未確認)
  • Android (採用するLinuxカーネルでの対応次第)

当初

もともとは、SDメモリーカード陣営から外れたメーカーが、SDメモリーカードの「対抗」を作ることを目的として集まり、規格策定を始めたものだった。

曰く、「従来、メモリーカード規格は様々なものが存在するが、規格が異なると使い回すことができない。そこで、同じカードをデジタルカメラ携帯電話携帯音楽プレイヤーなどで共通的に使える、業界統一の次世代メモリーカード規格を作ることで合意が成立した」(意訳)と発表された。

この時に同意した7社は、順不同で次の通り。

つかみはNG

しかしながらユーザーは、SDメモリーカードおよび後継や小型品で何も困っていなかった。

というよりむしろ、これ以上余計な規格は不要とさえ考えていた。

そのような中で、「規格が違って使いまわせない」というUFS陣営の主張にも難点があった。実際のところ、UFS陣営に参画したソニーがメモリースティックを辞めさえすれば、ほぼSDメモリーカードで統一されてしまうため「規格が違って使いまわせない」という「問題点」は万事解決という弱点が存在していたからである。

つまり、負け組陣営が起死回生のために消費者無視で新規格を作ろう、というのが現実だったのだが、結果としてこれは消費者にはあまり歓迎されず、つかみはNGだった、ということである。

バス規格として

カードには、物理的な形状の仕様と、インターフェイスの仕様とが存在するのが常である。

例えばSDメモリーカードは、それ以前に使われていたメモリーカードのMMCが元となる規格だが、MMCはSDに道を譲った後はeMMCとして内蔵用メモリーで使われるインターフェイスとして生き残り、これが広く普及した。SDにもインターフェイスだけの規格eSD(Embedded SD)はあるが、これは全く普及しなかった。

一方、UFSは発表以降ただの一度もメモリーカードとして市場投入されたことはない状況でJEDEC標準となり、インターフェイスだけが内蔵用メモリー用として規格化され、遅すぎるeMMCの後継が目指された。

参考までに、2014(平成26)年頃に販売されるであろうスマートフォンの主流はQUALCOMMのSnapdragonチップセットが対応していたeMMCだった。しかしそれから数年後にはQUALCOMMのチップセットでもeMMCからUFS 2.0へと対応が移り代わっており、このため内蔵メモリーとしてはUFSが当たり前として使われることになると見込まれる。

但し内蔵メモリーがどう変化しようが、一般のユーザーにとっては何の関係もない話である。そして――

遂にカードも登場

2016(平成28)年7月、南鮮・サムスン電子は、UFS 1.0拡張カード標準に準拠した、世界初のUFSカードを発表した。

32GB/64GB/128GB/256GBの4つの容量の製品が用意される。256GB(正確にはおそらく256GiB)モデルではシーケンシャルリード530MB/sとされており、SATA 6Gbps接続のSSD相当の速度で、9ピンSDでの最速仕様であるUHS-ⅠのmicroSDカードの5倍速となる。

ランダムリードは40,000IOPSとされ、これはmicroSD比20倍としているほか、シーケンシャルライト(書き込み)もUHS-Ⅰ microSDの4倍以上の速度を謳っている。

参画しているサムスンやNokiaのスマートフォンは、メモリーカードとしてmicroSDではなくUFSを採用する方向で動くだろうが、それが普及するかどうかは市場が判断することである。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club