通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

.kyoto

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術識別子編 (CTURI)
読み:ドット・きょうと
外語:.kyoto 英語
品詞:名詞
2014/12/19 作成
2015/02/05 更新

gTLDの一つで、地理的名称TLDであるもののうち、京都府および京都市のドメイン。将来的に利用可能になる予定。

沿革

項目の有効期限について

この項目は、2015/12/31に有効期限が切れています。

この項目は既に古い記述を含みますが、まだある程度の事実を含んでおり、参考として利用できます。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。

今後の予定

  • 優先登録(ファウンダーズ) (100ドメイン限定)
  • 商標権者優先登録(サンライズ)
  • 優先登録(ランドラッシュ)
  • 一般登録開始

価格

未定

.com/.net/.org みたいなgTLDでドメイン、みなさん取ろうとしはるんとちゃうかと思います。せやけど、もう取り尽くされていて、全然取られへんようになってますぇ。実際は全然取られへんてのは言い過ぎやけれども、欲しいものを取るんはなかなか難しおすなぁ。

せやけどようよう考えたら、いっそ末尾を増やしてまえば、ドメインも取りやすくなりますぇ。ブランド性も出はりますし、地理的名称TLD、一石二鳥おすなぁ。

最初の頃は、何回かに分けてドメインを登録しますぇ。商標持ってはる人から始めて、一般の早い者勝ち登録は一番最後になりますぇ。せやけども、京都の会社、お店、クリエイター……京都から発信してることをアピールするにはほんまにええトップレベルドメインおすなぁ。

用途

京都をアピールするのが目的のドメインおすなぁ。

*.kyoto.jp よりも、少しだけやけど、短くなりますぇ。

登録

かねてより案内されていたが、ICANNは2015(平成27)年1月28日付けでルートゾーンに追加し、日本の地理的名称TLDの一つに仲間入りした。

スポンサーは「京都情報大学院大学」となっているが名義的なものに過ぎず、実際の管理団体は東京のGMOグループであり、GMOグループの「お名前.com」などで登録できる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club