通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

6rd

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:スィックス・アーディー
外語:6rd: IPv6 Rapid Deployment 英語
品詞:名詞
2011/04/16 作成

IPトンネリングの一つで、IPv4ネットワーク経由でカプセル化されたIPv6パケットを転送する、IPv4IPv6移行技術の一つ。

IPv4‐IPv6移行技術としては最も有力視されている技術である。

インターネット利用者は、6rd対応のネットワーク機器を使用する。そして、ISPのネットワーク内に6rd対応リレールーターを設置し、両者内でトンネルを形成し、IPv6パケットの転送をする。

こうして「利用者〜(IPv4)〜ISP〜(IPv6)〜接続先」という網が形成されることになる。

仕様はRFC 5969でStandards Track(標準化過程)として発行されている。

想定

この技術は、次の想定で利用される。

  • エンドユーザーは、IPv6への対応を済ませている(6rd対応機器を所有)
  • ISP側に、IPv4ネットワークが残っている

この条件で、比較的容易に、かつ安価に実現できるのが6rdである。次のような利点がある。

  • 既存のIPv4ネットワークに、大きな変更を加える必要がない
  • リレールーターを追加するだけでIPv6接続が可能になる
  • IPv4アドレスから自動的にIPv6アドレスが作られるので、管理が不要
  • そのIPv6アドレスも、ISPが持つアドレス範囲内から生成されるため、経路制御上もメリットがある

アドレス

6to4などと違い、専用の独自のアドレスはない。

ISPが各ユーザーに配分するのと同じ、集約可能グローバルユニキャストアドレス(2000::/3)がそのまま使用される。このため経路選択でも有利で、IPv4と変わらない速度が達成できると見込まれる。

IPv4アドレスを埋め込むことで一意性を達成することになるが、これはISPが重複しないように管理すれば良いだけなので、IPv4アドレスの全部(32ビット)を埋め込む必要はない。

  • nビット: 6rdプリフィックス
  • oビット: IPv4アドレス
  • mビット: サブネットID
  • 128−n−o−mビット: インターフェイスID

このうち、n+oビットを6rd delegated prefix(6rd代理プリフィックス)という。

対応環境

RFC 5969が発行されたのが2010(平成22)年8月と歴史が浅いこともあり、実装されているオペレーティングシステム(OS)やルーターは、まだまだ少ない。

OSレベルでの対応状況は、次の通りである。

  • FreeBSD 8.1 ‐ パッチで対応可能
  • Ubuntu 10.10 ‐ 標準で対応
  • Fedora 14 ‐ 標準で対応
用語の所属
IPトンネリング
関連する用語
IPv4
IPv6

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club