通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

KCP

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:ケイスィーピー
外語:KCP: KDDI Common Platform 英語
品詞:固有名詞
2013/05/16 作成

KDDIQUALCOMM共同開発の携帯電話機用共通プラットフォーム。auの端末で利用されている。

目次

QUALCOMMのアプリケーション実行環境BREWをベースに、基本アプリケーションを共通化し開発コストを削減、操作感の統一などを目的に開発された。

2005(平成17)年6月30日に発売されたW31Tを最初に数多くのKCP機が発売された。

但し、現在はAndroid全盛であり、auの新機種はほぼ全てがAndroid機となってしまい、KCP対応の新機種は殆どない。いまやKCP機は年に1機種程度発売される子供向けや老人向けなど通話とメールのみを必要とする需要向けのフィーチャーフォンのみとなっており、KCPは一つの時代を終えたと言える。

  • KCP 1.x

    最初のもの。BREW 3.1、MSM6550などを採用。

  • KCP 2.x (KCP+)

    更に共通化を進めたもの。MSM7500などを採用。

  • KCP 3.x

    Snapdragon用のKCPで、Brew MPの機能を導入したもの。

    • KCP 3.0 ‐ 2010(平成22)年夏モデル
    • KCP 3.1 ‐ 2010(平成22)年冬モデル、2011(平成23)年春モデル
    • KCP 3.2 ‐ 2011(平成23)年夏モデル以降
用語の所属
プラットフォーム
関連する用語
KCP+
BREW

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club