通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

BREW

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:ブリュー
外語:BREW: Binary Runtime Environment for Wireless 英語
品詞:固有名詞
2003/02/26 作成
2014/11/06 更新

QUALCOMMが開発した携帯電話機向けアプリケーションプラットフォーム

趣旨

米QUALCOMMが2001(平成13)年1月31日に発表したもので、ARMアーキテクチャである同社MSM上で動作するオペレーティングシステム、AMSS上で動作する。

BREWは、コンパイルして作られたバイナリ(ネイティブコード)を直接実行することを最大の特徴とする。

そのため、開発言語もC/C++Pascalをはじめとして全てのコンパイル言語を利用することができる。また、BREWはJavaアプリケーションと比べて、容量、速度、開発コストの点で優れている。

Javaとの違い

Javaとの最大の違いはBREWはネイティブコードを用いることである。

JavaがJava言語で書いたプログラムをJVM上で動作させるのに対し、BREWはARMで利用される前提であり、任意の言語で書いたプログラムをアプリケーション実行環境BREW AEEを利用して実行する。

BREW AEEは、タスク管理やファイル管理などを行ない、またそれを操作するためのAPIを提供している。

構造

大きく、QUALCOMMが提供するチップセット(MSM)に含まれる機能と、それを利用して携帯電話機メーカーが作る機能とに分けられる。

  • 上位層
    • 各種アプリケーション
    • BREW
  • MSM
    • ASICソフトウェア
    • リアルタイムオペレーティングシステム REX OX
    • ベースバンドチップ

チップセットは端末ごとに変化するが、その違いをBREW層が吸収するため、上位層と下位層の切り離しに成功している。

このため、アプリケーションはMSMが変化しても変更無く動作でき、またMSM側も、自身の仕様変更に伴うプログラムの変更をアプリケーション側に要求しなくて済む。

バージョン

2009(平成21)年現在普及していたのは「BREW 3.1」であった。

  • BREW 1.0

    最初のバージョン。

    この頃はまだダウンロード実行機能はなく、携帯電話機内のアプリケーション開発環境としての基本機能が提供されていた。

  • BREW 2.0、2.1

    ネットワークダウンロード機能が追加された。

  • BREW 3.0

    失敗作だったらしくQUALCOMMの歴史から抹消されている謎のバージョン。

  • BREW 3.1

    マルチメディア対応。

  • BREW 4.0

    プリエンプティブマルチタスクに対応し、実際にはマルチスレッド機能が実装されマルチウィンドウに対応した。

    auでは、KCP+プラットフォーム(KCP 2.x)搭載機で採用された。

  • BREW 5.0 (BREW MP 1.0)

    これ以降はBREW MP(Brew Mobile Platform)と呼ばれている。

デメリット

バイナリコードを直接実行するため、高速で、また適用範囲や可能性は高いが、仮想マシンではないため、メモリー破壊、メモリーリークをはじめとするバグが発生したときや、悪質なプログラムが登場したときの対処が問題となる。

そこで、BREWアプリケーションはQUALCOMMのTRUE BREW互換性テストを受けなくてはならない。その上で、QUALCOMMはそのアプリケーションに互換性テストを通過したことを示す電子署名を行なう。これは有償である。

日本での普及とその後

日本では2002(平成14)年2月に発売されたauのcdmaOne端末C3003Pが初めてのBREW対応機となる。

そしてユーザーがダウンロードして利用できるようになった初の機種が2003(平成15)年2月に発売されたauのCDMA2000 1x(後のCDMA 1X)端末A5304Tである。

auのサービスとしては、当初は「EZアプリ (BREW)」、その後「EZアプリ (B)」などと呼ばれていた。BREWは、対応機種は少なくなかったものの、普及したとはとても言い難い。そして、Android普及後はほぼ廃れた状態である。

用語の所属
プラットフォーム
関連する用語
KCP
BREW AEE
Java

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club