通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

LTE-Advanced

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:エルティーイー・アドバンスト
外語:LTE-Advanced 英語
品詞:名詞
2012/11/12 作成
2015/01/25 更新
2017/03/31 迄有効

記事の有効期限について

この記事は、2017/03/31に有効期限が切れています。

この記事は既に古い記述を含みますが、まだある程度の事実を含んでおり、参考として利用できます。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。

3GPPのRelease 10に始まり、Release 11で改良された通信規格。本当の意味での4Gとなる通信規格。

3.9GであるLTEを4Gと呼ぶことはあるが、あくまでマーケティング的なものである。

NTTドコモの辻村清行副社長は、「真の4G」であるLTE-Advancedを2016(平成28)年度以降にサービス開始するとした。

なお、3GPP Release 12はLTE-Bになるとしている。

上位互換

LTE-AdvancedはLTEの上位互換であるだけでなく、同じ周波数上で既存ネットワークと共存できることも特徴である。

このため通信事業者は、既存のLTEサービスからLTE-Advancedサービスへ、無理なくスムーズに移行することが可能となっている。

カテゴリー

カテゴリー5以前は通常のLTEであり、6以降がLTE-Advancedである。

  • LTE UE カテゴリー6 (DL 301.5Mbps/UL 51.0Mbps) 3GPP Rel.10
  • LTE UE カテゴリー7 (DL 301.5Mbps/UL 102.0Mbps) ↓
  • LTE UE カテゴリー8 (DL 2998.6Mbps/UL 1497.8Mbps) ↓
  • LTE UE カテゴリー9 (DL 452.2Mbps/UL 51.0Mbps) 3GPP Rel.11
  • LTE UE カテゴリー10 (DL 452.2Mbps/UL 102.0Mbps) ↓

新技術

LTE-Advancedでは、特に4つの特徴的な技術が採用され、これらを組み合わせることで1Gbpsなどの超高速なデータ通信を可能とする。

  • キャリアアグリゲーション(CA)

    複数の周波数帯(不連続でもよい)を束ねてデータ通信に用いることができる技術。

    LTEは最大で20MHzまでの帯域しか利用できないが、LTE-Advancedは複数の帯域を束ねることで最大100MHzまでの帯域を利用できる。帯域が広がれば、その分高速なサービスを提供することもできる。

  • MIMO

    複数のアンテナと送受信機を組み合わせ、データ通信速度を高速化する技術。

    LTE-Advancedでは、送受信の双方で4本ずつのアンテナを用いる4×4 MIMO、8本ずつのアンテナを使う8×8 MIMOが規定されている。

  • CoMP

    複数の基地局を連携させ、セルとセルの境界(セルエッジ)における通信速度や品質をを向上させる技術。

  • HetNet(ヘテロジニアスネットワーク)

    マクロセルのほかに、スモールセルを組み合わせてエリアを構築する技術。

  • eICIC

    マクロセルとスモールセルの間の干渉を抑制する技術。

用語の所属
3GPP
関連する用語
LTE (携帯電話)
LTE-B

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club