通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

SNMP

辞書:通信用語の基礎知識 通信手順上編 (CPINFO)
読み:エスエンエムピー
外語:SNMP: Simple Network Management Protocol 英語
品詞:名詞
1998/10/30 作成
2015/02/16 更新

ネットワークに接続された機器を、ネットワーク経由で監視したり管理するための通信プロトコル

ルーターインテリジェントHUBなどのネットワーク機器(エージェント)の持つネットワーク管理情報を、管理システム(マネージャー)に送る際の標準のプロトコルとして使われている。

下位のプロトコルはIPEthernetだけでなく、IEEE 802.3IEEE 802.5(Token Ring)、ARCNET、FDDIなど、様々なものが想定されている。

IPネットワークでは、コマンドに161/udp、トラップに162/udpが一般に使われている。

MIB

情報には名前を付けて送受信する必要がある。さもないと、何の情報であるか分からない。

SNMPでは汎用性を高めるため、この名前の付け方を標準化している。情報は構造化され、MIB(management information base)と呼ばれている。

MIBにはネットワーク機器やプロトコルに応じて情報が登録される。SNMPとMIBは密接な関係があり、両者を合わせてSNMPと俗称されることもある。

機器

ルーターインテリジェントHUBなど、インテリジェントなネットワーク機器で主に使われる。

いわゆるネットワーク機器だけでなく、ネットワークにも接続可能とした関連装置(例えばUPSなどの電源装置)でもSNMPに対応したものがある。

バージョン

用語の所属
通信プロトコル
関連する用語
MIB
RMON
MRTG

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club