通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

WiMAX Release 2.1

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:ワイマックス・リリース・にーてんいち
外語:WiMAX Release 2.1 英語
品詞:固有名詞
2012/11/12 作成
2015/01/28 更新

TD-LTEとの互換性を確保したWiMAXのこと。

IEEE 802.16eWiMAX Release 1.0」と、これを進化させたIEEE 802.16mWiMAX Release 2.0」(WiMAX 2)を包含し、さらに、追加要素(Additional Elements)としてTD-LTEの無線およびコアネットワークの一部規定を取りこんだ。

既存のWiMAXネットワークを運用しつつ、更に今後の普及が見込まれるTD-LTEを取り込むことを目的としている。

由来

2012(平成24)年10月30日に発表され、翌日、UQコミュニケーションズが採用すると発表した。サービス名は「WiMAX 2+ (ワイマックスツープラス)」である。

一時期は、高速無線通信の技術はLTEWiMAXが争っていたが、iPhoneがLTEに対応するなどでLTE陣営が有利となり、WiMAX陣営の旗色は悪化の一途をたどっていた。

このような状況下、業界団体WiMAX Forumが、WiMAXという看板を降ろすことなく、いかにしてTD-LTEに迎合するかという課題の解決策としたのが、TD-LTE互換モードを追加するというものだった。

かつてWILLCOMが開発しPHSシステムで運用しようとしていたXGP規格もAXGPとしてTD-LTEに対応したことで実質的にTD-LTEと同じものになってしまったが、WiMAXも同じ道を歩むことになってしまった。

方針

WiMAX Release 2.1で下位レイヤーをTD-LTE互換にして、WiMAX Release 2.2以降で上位レイヤーも実質TD-LTEにする計画らしい。

これはXGP→AXGPが歩んだ道と同じである。

用語の所属
WiMAX
関連する用語
TD-LTE
WiMAX Release 1.0
WiMAX Release 2.0
IEEE 802.16

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club