通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

浄土教

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教編 (LFOLKEB)
読み:じょうどきょう
品詞:名詞
2005/04/06 更新

大乗仏教における一派。浄土の往生を説く教えで、南無阿弥陀仏の念仏を唱えて阿弥陀仏にすがれば、死後は極楽浄土へ往生し、仏果・幸福が得られると説かれた。

阿弥陀仏信仰は既に紀元前のインドにおいて成立し普及、やがて支那や日本へ仏教の伝来と共に伝えられた。日本では円仁・空也・源信らを経て貴族から庶民まで広く普及する。良忍の融通念仏宗、法然源空の浄土宗、親鸞の浄土真宗、一遍の時宗などが浄土教に属している。

用語の所属
仏教
関連する宗派
浄土宗
浄土真宗
融通念仏宗
時宗
関連する用語
阿弥陀経
南無阿弥陀仏
円仁
往生

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club