通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

クロイツフェルト・ヤコブ病

辞書:科学用語の基礎知識 医学・情報編 (BMEDI)
読み:クロイツフェルト・ヤコブびょう
外語:CJD: Creutzfeldt-Jakob disease 英語
品詞:名詞
2001/04/22 作成
2008/08/18 更新

科学用語の基礎知識・医学情報

自身の健康問題に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

プリオン病の一つで、人間の海綿状脳症の一種。牛海綿状脳症(BSE; いわゆる狂牛病)に似た人間の脳の病気

に海綿状の変化が出現し、スポンジ状になる神経系の難病である。

発見者の名前からクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD: Creutzfeldt-Jakob disease)と呼ばれている。

脳に異常な蛋白質(プリオン)が蓄積し、このために脳の機能が障害(障礙)される。

抑鬱や不安などの精神症状に始まり、やがて痴呆を発症、進行に伴い運動失調など来し、発症後は1〜2年以内に脳の大部分が冒されて、衰弱や呼吸不全等で死亡する。

この病原体であるプリオンはBSL-3(バイオセーフティーレベル3)に分類される。

単に「クロイツフェルト・ヤコブ病」と言った時は孤発性、つまり外来よりの要因のないものをいう。

昨今問題となっている、牛海綿状脳症(BSE)感染牛を食べての感染は変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)と呼び分けられている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club