通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

スルピリド

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・精神薬編 (BPHARM)
読み:スルピリド
外語:Sulpiride 英語
品詞:固有名詞
2005/07/21 更新

科学用語の基礎知識・医薬品情報

自身の健康問題や、副作用への対応方法等に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

メジャートランキライザー(ベンザミド系中枢神経系用剤)の成分。消化性潰瘍治療薬、精神神経用剤(精神賦活剤)。商品例にドグマチール(アステラス製薬(元・藤沢薬品工業))の他、アビリット(住友製薬)、ミラドール(日本シエーリング(元・三井製薬))、ベタマックT(沢井製薬)等があり、他にも多数のゾロがある。

分子式C15H23N3O4S。分子量は341.43。CAS番号15676-16-1。化学名は、N-[(1-ethyl-2-pyrolidinyl)methyl]-2-methoxy-5-sulfamoylbezamide。常温では白色粉末で、無臭。融点は175℃〜182℃(分解)。

スルピリド
スルピリド

元々胃薬として開発されたが、ドーパミンに作用し老人性鬱などの軽い鬱病に効果があるため精神科でも使われるようになった。しかし、食欲増加による体重増加傾向に加え、女性では月に何度も月経が来る、男性でも乳が出るようになる、などのホルモン関係の副作用が強い。褐色細胞腫の疑いのある患者への使用は禁忌である。

抗鬱としての処方量は150〜300mg/日程度。

低用量では前シナプスのドーパミン(D2)自己受容体を遮断し、ドーパミンが増える。高用量では後シナプスのドーパミン(D2)受容体を遮断しドーパミンが減る。

物質の特徴
メジャートランキライザー
精神神経用剤
抗鬱薬
適用
鬱病
成分に含む著名な製品
ドグマチール
関連する用語
ドーパミン
精神科

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club