通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

セシウム134

辞書:科学用語の基礎知識 原子元素・名称編中 (NELEMN5)
読み:セシウム・ひゃくさんじゅうよん
外語:134 Cs 英語
品詞:名詞
2011/03/28 作成
2013/08/18 更新

セシウム同位体の一つで、放射性セシウムの一つ。

天然には存在しない同位体である。

核分裂により直接生成するものも殆どなく、多くは安定同位体133Csが中性子捕獲して134Csになるとされている。また、一つ原子番号が小さいキセノン134(134Xe)はほぼ安定核種であるため、β崩壊で134Csを生成することはない。仮にβ崩壊があったとしても、2β崩壊して134Baになる。

原子炉中においては、核分裂生成物のキセノン133(133Xe)がβ崩壊し生成された133Csが中性子捕獲して134Csになる。

崩壊

半減期は2.0648年で、β崩壊する。

その大半(99.9997%)はβ崩壊し、電子(β粒子)と反電子ニュートリノ(νe)を放出して、バリウムの安定核種であるバリウム134(134Ba)になる。

またごく一部(0.0003%)は電子捕獲崩壊(EC崩壊)し、電子ニュートリノe)とX線(特性X線)を放出して、キセノンのほぼ安定核種であるキセノン134(134Xe)になる。

生体への影響

科学技術庁告示第五号 平成十二年科学技術庁告示第五号(放射線を放出する同位元素の数量等)における、セシウム134の実効線量係数(ミリシーベルト/ベクレル)は、次のとおりである。

  • 吸入摂取した場合 (すべての化合物) 9.6×10−6
  • 経口摂取した場合 (すべての化合物) 1.9×10−5

つまり、10,000ベクレルを経口摂取した時の実効線量は0.19ミリシーベルト(190マイクロシーベルト)である。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club