通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

チーズ

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質・食品編 (NFOOD)
読み:チーズ
外語:cheese 英語 , fromaĝ/o エスペラント
品詞:名詞
2006/10/05 更新

牛乳など、動物の乳に乳酸菌と凝乳酵素(レンネット)を入れ、固まらせ、醱酵させた醱酵食品

チーズには様々な種類があるが、製法からは大きく2種類に、また乳を出した動物によっては大きく4種類に分けられる。

製法から、作られたそのままのナチュラルチーズと、ナチュラルチーズを加熱して熟成を止めたプロセスチーズとに分けられる。

乳を出した動物によっては、次のように分けられる。

  • 牛の乳: ラクレット
  • 水牛の乳: モッツァレラ
  • 羊の乳: ロックフォール
  • 山羊の乳: シェーブル

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club