通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

リパーゼ

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・生体物質編 (NSUBNBL)
読み:リパーゼ
外語:Lipase 英語 , lipaz/o エスペラント
品詞:名詞
2005/09/20 作成
2014/07/19 更新

膵液など消化液に含まれる酵素

脂肪エステル結合加水分解し、脂肪酸グリセリンに分解する。

膵臓から十二指腸に分泌され、食品中の脂肪を分解する働きをする。

膵炎などにより膵臓細胞が破壊されると血液中のリパーゼが増えるため、膵臓の病気の指標として血液検査される。

検体検査においては、生化学的検査(Ⅰ)である「D007 血液化学検査」に分類されている。検査料は24点である。

検査目的

リパーゼは膵臓で作られる膵液に含まれており、膵管を流れ、途中で胆管と合流して十二指腸に開口する。

この経路のどこかに支障があると膵液は逆流し、血液中に漏れ出して血中濃度が上がるため、これを検査することで膵臓や膵管の状態を知ることができる。

同時に、同様に膵液に含まれるアミラーゼの検査(血清アミラーゼ検査)も実施されることが多い。

正常値

診療機関によって様々だが、一例は以下の通り。

  • 基準値: 16〜60U/l

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club