通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

尿失禁

辞書:科学用語の基礎知識 医学・情報編 (BMEDI)
読み:にょうしっきん
外語:UI: urinary incontinence 英語
品詞:名詞
2005/10/28 作成
2013/09/29 更新

科学用語の基礎知識・医学情報

自身の健康問題に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

意識的に尿を出そうとするのではなく、不随意に(本人の意思とは無関係に)尿が漏れること。遺尿

尿失禁は、次のように分類される。

  • 主要な5種類
  • 溢流性尿失禁(OUI) ‐ 普段は尿が出にくいが、尿が溜まると意思と無関係に少量ずつあふれ出てしまう症例 (前立腺肥大症などによる)
  • 混合性尿失禁(MUI) ‐ 切迫性尿失禁と腹圧性尿失禁とが混在するもの
  • 持続性尿失禁(CUI) ‐ 排尿関係の神経や筋肉の損傷により、持続的に尿が漏れる症例
  • その他の尿失禁 ‐ 他の、特有の条件下で起こるもの
    • 性交時尿失禁 ‐ 性行時に生じる尿失禁で、腹圧性尿失禁の一種とされる
    • 遺尿症 ‐ 不随意に尿を漏らしてしまうこと
      • 昼間遺尿症 ‐ いわゆる「おもらし」の病的状態で、5歳を過ぎても週2回以上の場合
      • 夜尿症 ‐ いわゆる「おねしょ」の病的状態で、5歳を過ぎてもおねしょが多い場合
      • 排尿後尿滴下(排尿後尿漏れ) ‐ 尿道に残った尿が、便器から離れたあとに少量漏れてくるもの

遺尿症(いわゆる「おもらし」)や夜尿症(いわゆる「おねしょ」)などは子供に多い症例である。

それ以外で、先天性などを除いた症例は、特に女性に多い。通院する際、何科に行くべきか迷うケースも多いが、この治療はもっぱら泌尿器科で行なわれている。

腹圧性尿失禁であれば婦人科でも治療は可能だが、病態によっては泌尿器科を紹介されることになるだろう。

用語の所属
失禁
おもらし
関連する用語
尿
尿意
遺尿

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club