通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

鎖式炭化水素

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質用語編 (NSUBY)
読み:さしき・たんかすいそ
品詞:名詞
2001/03/31 作成
2013/07/16 更新

炭素が鎖状に結合し、そのまわりに水素が結合したもの。

大きく、飽和と不飽和に分けることができる。

不飽和

不飽和は、二重結合三重結合を含むものをいう。

炭素骨格中の二重結合や三重結合の数で分類され、IUPAC命名法では、数に応じて、数詞+ene(二重結合)または数詞+yne(三重結合)で呼ぶ。

例えば二重結合なら、ジエン、トリエン、トラエン、ペンタエン、ヘキサエン、ヘプタエン、オクタエン、ノナエン、デカエン、…のように呼ぶ。

鎖状

鎖状の飽和炭化水素アルカン(またはパラフィン)と言い、一般式はCnH2n+2である。

鎖状の一価不飽和炭化水素アルケンと言い、一般式はCnH2n(n≧2)である。二価はジエン、三価はトリエン、四価はテトラエンなどという。

鎖式炭化水素には極性がないため水に溶けない、いわゆる油っぽい性質を持つので、脂肪族炭化水素ともいう。

反応

鎖式炭化水素から水素が1分子取れ、ここに官能基が付くと、次のように呼ばれる。

IUPACでは、脂肪酸は元の炭化水素の語尾のeを取ってoic acidを、アルコールは語尾最後のeを取ってolを、アルデヒドは語尾最後のeを取ってalを、それぞれ付けて命名する。

炭素数

炭素数の多いものを「高級」、炭素数の少ないものを「低級」という。

炭素数の多い脂肪酸は「高級脂肪酸」、炭素数の少ない脂肪酸は「低級脂肪酸」と呼ばれており、また同様に、炭素数の多いアルコールは「高級アルコール」、炭素数の少ないアルコールは「低級アルコール」と呼ばれている。

ただしこの「級」は、品質の善し悪しのことではない。目安としては、だいたいC6位までは低級、C16を超えると高級、その間が中級と呼ばれる。

用語の所属
炭化水素
関連する用語
飽和炭化水素
不飽和炭化水素
脂肪族炭化水素

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club