通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

電子伝達系

辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:でんしでんたつけい
品詞:名詞
2002/01/30 作成
2012/04/25 更新

生物の体内に備わる、糖質代謝の経路の第三段階であり最終段階である。

目次

ミトコンドリアの内膜で行なわれる反応で、解糖系TCA回路での生成物から効率良くエネルギーを取り出すために行なわれている。

電子伝達系はTCA回路と共役し、電子の受け渡しを行なう。

真核生物ではミトコンドリア内膜の中と外、原核生物では細胞膜の中と外で陽子(H+)濃度の差を生じさせ、これを利用して最終的にATPを作ることを目的とする。

これにより、主として次のような反応が起こり、継続的な代謝が可能なようにする。

ATPは「人生そのもの」と同義と言っても良いほどの物質であり、これを作るために人間などの生物酸素を吸っているのである。

用語の所属
糖質代謝
関連する用語
ミトコンドリア

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club