通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
発見!イイお店

Cyrix 6x86

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:サイリックス・ろくエックスはちろく
読み:サイリックス・ろっぺけはちろく
外語:Cyrix 6x86 英語
品詞:名詞
2004/09/25 作成
2014/11/17 更新

Cyrix(後のVIA)の開発した、x86互換32ビットマイクロプロセッサーのひとつ。

時期的にはPentiumMMX Pentiumのライバルで、それらに迫るスペックを持っていた。パッケージは321ピンPGAであり、Socket 7に対応した。

6x86シリーズはMMX命令を持っていないが、後継にMMX命令を持つCyrix 6x86MXシリーズが登場した。

性能

ベースクロック(FSBクロック)75MHzである6x86 150MHzのP-RatingはP-200+で、当時Intelの最高速マイクロプロセッサーだったPentium 200MHzよりも整数演算において優れていた。

スーパーパイプラインの実装、アウトオブオーダー実行投機実行分岐予測レジスターリネーミング機能などを逸早く備えていた。

FSB 75MHz

実際にベースクロック(FSB)75MHzを正式サポートしたマザーボードは少なく、また大手パソコンメーカーが6x86を搭載したマシンをリリースすることは無かった。

このため、結局は自作マニア受けするだけで終止してしまったが、しかしIntel製よりも速い互換CPUが登場したということが、このプロセッサーの持つ最大の存在価値であったと思われる。

仕様

 クロック周波数内部キャッシュ動作電圧
内部外部
6x86-P166+133MHz66MHz16Kiバイト3.3〜3.52V
6x86-P200+150MHz75MHz16Kiバイト3.3〜3.52V

6x86L型番の製品は、コアが 2.8V で動作する。

用語の所属
マイクロプロセッサー
Socket 7
6X
関連する用語
Cyrix 6x86MX
Cyrix

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club