通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

32ビットマイクロプロセッサー

辞書:科学用語の基礎知識 半導体用語編 (IYIC)
読み:さんじゅうにビット・マイクロプロセッサー
外語:32bit micro processor 英語 , 32bit MPU 英語
品詞:名詞
2003/09/18 作成
2014/10/09 更新

一つの処理で32ビットの数値を扱うことができるマイクロプロセッサーのこと。

定義

明確な定義はないが、一般には、レジスター整数演算器データバスなどが32ビット幅であるものをいう。

また、データバスが32ビットの場合は、アドレスバスも32ビット以上に対応したアーキテクチャーが多い。この場合、理論上は232バイト以上、つまり最大で4Giバイト以上のメモリー空間に対応するだけの潜在的能力を持つ。物理アドレス拡張(PAE)対応なら36ビットで236バイトつまり最大64Giバイトの物理メモリー空間が提供される。ただし実際に搭載できるメモリー容量はハードウェアに依存する。

かつて、セガのゲーム機セガサターンでは32ビットマイクロプロセッサーのSH-2を2機搭載して「64ビット級」などと広告されたりもしたが、無茶な話である。

ちなみにPentium Ⅲ以降では実数演算を行なうSIMD命令群(SSE)を持っている。この機能のために、128ビット長のレジスターを新たに8本も搭載した。かといって、Pentium Ⅲを128ビットマイクロプロセッサーと呼ぶことはない。浮動小数点演算器のレジスター長は、「○○ビットマイクロプロセッサー」という時の条件には含まれないらしい。

時代

1980年代に登場し、主流となった。

世界初の32ビットマイクロプロセッサーはIntelのiAPX432であるが、普及はしなかった。

ゲーム機でも様々なものが32ビットマイクロプロセッサーを採用しており、例えばPlayStationではR3000A(34MIPS)が使われている。

主な32ビットマイクロプロセッサーに、次のようなものがある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club