通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Pentium 4 Extreme Edition

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:ペンティアムフォー・イクストリームエディション
外語:P4EE: Pentium 4 Extreme Edition 英語
品詞:商品名
2006/08/03 更新

IntelIA-32アーキテクチャーのマイクロプロセッサーの一つ。

同社のPentium 4の新型として、2003(平成15)年9月16日に正式発表された。

目次

通常版のPentium 4に対し、3次キャッシュを2Miバイト搭載したもの。

具体的にはマルチプロセッサーサーバー用のIntel Xeon MPと同一のチップで、更なる高速化を施しパッケージし直したものがPentium 4 Extreme Editionだった。

従って、ハイパースレッディング・テクノロジーストリーミングSIMD拡張命令2(SSE2)にも対応する。

そして(当時の)現行の875P及び865ベースのPentium 4用マザーボードで、BIOSの更新無しに利用できた。

Intelがこの発表をしたのは、AMD Athlon 64に対抗するためであった。

Athlon 64は統合型のメモリーコントローラーを備え、Pentium 4に匹敵、あるいは一部で性能を凌ぐと予想された。

Intelとしてもこの状況を放置できず、3次キャッシュを追加し同程度の性能を実現させたチップを製品ラインナップに追加したのである。ただしコア電圧が1.55V以上で、消費電力は高く、一説では110Wを超えていたとも言われている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club