通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

PowerPC G5

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名編 (INCPU)
読み:パワーピースィー・ジーファイヴ
外語:PowerPC G5: PowerPC Generation 5 英語
品詞:名詞
2004/09/03 作成
2014/11/06 更新

Apple Computerによる呼称で、第五世代PowerPCのこと。

目次

POWER4ベースのPowerPCである。64ビット化への対応と、ビッグエンディアンへの特化(リトルエンディアン対応を削除)などが特徴である。但し、PWRficientによる互換プロセッサーは従来どおりバイエンディアンに対応している。

32ビットおよび64ビットのRISCプロセッサーで、両者には互換性が確保されている。

64ビット版PowerPC G5は最高2.7GHzで動作し、理論上4Tiバイトまでのメモリーを扱うことが可能。加えて32ビットアプリケーションバイナリをネイティブでサポート、プロセッサーと等速動作の512Kiバイトの内蔵2次キャッシュ、対称型マルチプロセッシング(SMP)、倍精度浮動小数点演算ユニットを2機搭載、などの特徴を持つ。

そして、スーパースケーラー、スーパーライン構造の実行コアにより、最適化されたVelocity Engineを組み合わせることで215のインフライト命令を同時に並列処理できる。

SOI技術を用い、0.13µmプロセスルールにより製造される。このチップには公称1,131フィート(345m)の長さの銅配線が存在するとされる。

このプロセッサーを採用していたMacintoshがIntelプロセッサーへと移行したため、結果としてPowerPC最後のシリーズとなった。

  • PowerPC 970
  • PowerPC 970FX
  • PowerPC 970MP
  • PowerPC 970GX
用語の所属
PowerPC
RISC
G5
関連する用語
PowerPC G3
PowerPC G4

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club