通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Y染色体

辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:ワイ・せんしょくたい
外語:Y chromosome 英語
品詞:名詞
2001/04/22 作成
2013/10/08 更新

オスヘテロ型性決定に使われる性染色体の一つ。

使われ方は、次の二種類が存在する。

  • オスヘテロ型(XY型) (雌XX、雄XY)
  • オスヘテロ型(XO型) (雌XX、雄X)

ヒトなどオスヘテロ型(XY型)の場合は、女は持たず、男は1本持っている。

大きさ

人間のY染色体は、2006(平成18)年2月時点では、塩基数約5100万bp(約2550万ヌクレオチド)、遺伝子数255個とされている。

なお、過去の研究では78個とされていた。X染色体と共通の遺伝子は7個だと言われている。

Y染色体は、その大部分(長腕末端部)がランダムな繰り返し構造(特に回文配列)であり、含まれる実際の遺伝子は長さの割に少ない。

常染色体の21番染色体や22番染色体より少し大きい程度で、X染色体の1/3しかない。

遺伝子

主な遺伝子

主な遺伝子や作られる蛋白質等の名称、およびその欠損による遺伝病等は次のとおり。

  • SHOX (身長伸長蛋白質) Xp →低身長
  • SRY (性決定遺伝子) Xp
  • DAZ (精子産生蛋白質) Xq

男を作る遺伝子

この染色体内にある性決定遺伝子(短腕先端付近にあるSRYという遺伝子が有力)が、母体内にいる胎児のある時期に機能することで精巣(睾丸)が作られ、精巣から放出されるホルモンが最終的に雄(男)の体を作る。

つまりY染色体には睾丸を形成する遺伝子があり、これにより、本来は雌(女)の体であるものを、雄(男)の体に作り直すわけである。

もしこの遺伝子に異常があり、男性ホルモンが減少すれば、たとえY染色体を持っていても体は雌(女)となる。ほんの数十個の遺伝子が、雄(男)になることを支配しているのである。

主な遺伝病

この染色体に関わる主な遺伝病と、原因は次のとおり。

日常の変異

このY染色体は比較的頻繁に変異をしている。

Y染色体はかつて、常染色体とは違い普段は減数分裂時の相互転座に参加しないとされ、よってY染色体は変異しづらい不活性なものだと考えられていた。現在では、減数分裂時にX染色体との間で相互転座を起こすこともあると考えられており、またY染色体自身の中で他の場所にあるDNAと入れ替えをしていることが明らかとなっている。

ここから、Y染色体は比較的突然変異を起こしやすい染色体であると言える。この特徴はY染色体の突然変異を世代を重ねるうちに修復できる働きと見られるが、逆に男性不妊などの先天疾患を招くことにもなる。

遠い将来の変異

3億年の間に数百の遺伝子を失ったヒトのY染色体はいずれ消滅し、男性が絶滅するという仮設が存在する。しかし、様々な研究により、これを否定する結果も得られている。

米ホワイトヘッド研究所の研究者らによる研究では、2,500万年前にヒトと共通の祖先から分化したアカゲザルとヒトでY染色体の比較をした。結果、アカゲザルは2,500万年にわたりY染色体の祖先遺伝子は一つも失っておらず、ヒトも失ったY染色体の祖先遺伝子は一つだけと判明したとする。

この研究者らによれば、Y染色体の大量の遺伝子消失は早期に短期間で生じたもので、2,500万年で失われた遺伝子が1つだけということから、現在のヒトのY染色体は非常に安定していると考えられ、将来的にY染色体が消滅することはないと結論付けている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club