通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

VFAT

辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:ヴィーファット
外語:VFAT: Virtual File Allocation Table 英語
品詞:名詞
1999/10/19 作成
2008/07/10 更新

プロテクトモードFATファイルシステム。32ビットのMicrosoft Windowsで搭載されたシステムで、プロテクトモードFATを処理する仮想的なレイヤのこと。

OSとディスクの間

オペレーティングシステム(OS)は、VFATのレイヤーを挟んでFATにアクセスする。

そして、ディスクを読み書きするときにはFAT(FAT12FAT16FAT32)に変換される。しかしFAT自体は8.3までのファイル名しか扱えないので、実際にはFATのディレクトリエントリ上に特殊な隠しエントリを作り、ここにロングファイル名を格納している。

プロテクトモード

従来の16ビット環境では、OSはリアルモードで動作した。これは、Windows 3.0のプロテクトモードでも同様である。

Windows 3.1からは仮想記憶を実現するスワップファイルのアクセスをプロテクトモードで可能にし、その後継Windows for Workgroups 3.11(日本語版は未発売)からは全ファイル処理をプロテクトモードで処理する「32bit File Access」をサポートした。

このFATファイルシステムを「VFAT」といい、またWindows 95からは8.3を超える長いファイル名もサポートするようになった。

ロングファイル名

ディレクトリエントリの強引な拡張により、長いファイル名を扱えるようになった。

この技術を「ロングファイル名」という。

用語の所属
ファイルシステム
FAT
関連する用語
FAT12
FAT16
FAT32
ロングファイル名

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club